ポッキーとの暮らし

ゴールデンレトリーバーの男の子との日常
<< 3分間スピーチ | main | ここ数日。 >>
認知症ということ

認知症。ちょっと前まで 痴呆症と呼ばれていました。
アルツハイマー、脳血管性とかありますけど・・・

12月に、ドッグトレーナーさんから、メールで相談されました。

そのドッグトレーナーさんのとこに来たオーナーさんの相談です。

その人のお母さんは軽度の認知症だそうです

その、おばぁちゃんは以前はとっても犬が大好きで、
お散歩に行ったり、とってもとっても 犬をかわいがっていた
らしんです。

それが、認知症になり、
なぜか、かわいいかわいいと言っていた犬を
叩いたりするようになって、暴力を振るうようになってしまったらしんです。

家族さんや、ヘルパーさんがいる時は抑制がきいて、
暴力はないらしんですが。

トレーナーさんは、セラピー犬もされており、
いろんな施設へ訪問され、
認知症のことも、わきまえていらっしゃって、

叩きはじめたとき、「やめて!」「ダメ」「叩かないで」
という関わりではなく
「一緒に、ブラッシングしましょう」とか、
「フードをあげる」など
一緒お世話をする声かけをしてみてはどうか?
っと答えたそうです。

「私はこう答えたんですが・・・」とメールをいただきました。

相談されたけど、私もそれ以外、思いつきませんでした。

他にお返事として、
そのおばぁさんの家庭環境の事とかは、わからないけど、
なにかに熱中することや、役割をもってもらうとか、
家庭ですることを増やしてもらって、趣味とか、家事とか役割を待ってもらって、
気分を紛らわせてもうとか・・・

軽度の認知症だから、家族の関わり方は? 
イライラしたり、怒っているのは実は家族であって、
「なんでそんなことするんよ!」って
そんな気持ちが、おかぁさんに伝わってしまい、
影響を及ぼしているのかも・・・

WAN好きなおかぁさんにも、WANにも幸せになってもらいたいと思います。
その後、どうなったのか、気がかりな・・・
気がかりな一つです。


writer : ポッキー | - | comments(0) | trackbacks(0) |


コメント
コメントする









トラックバック!
http://kjl05901.blog.bai.ne.jp/trackback/119368
この記事のトラックバックURL



かれんだー
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
最近かいた記事 コメント
かてごりー
むかしの記事 リンク プロフィール QRコード